EDは泌尿器科へ!専門の医師に相談して早めに対処すべき

EDと感じたら、早めに病院に行き医師に相談することをおすすめします。しかし、医師に相談と言っても、病院に行くのが恥ずかしい、どんな診察内容なのか気にってしまう、そもそも何科で診察してもらうのかわからない、と言った疑問が出てくると思います。このサイトではEDを病院で治療するメリットや診察内容の流れなどご紹介します。

*

EDの症状がでたら迷わず病院へ!相談は内科や泌尿器科で

勃起不全に陥ってしまう症状のことをEDといいます。聞いたことがある人も多いのではないかと思いますが、詳しい症状についてはよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

単純に勃起力が低下してしまって、性交渉がうまくできなくなることなのですが、ただ単に勃起しにくくなるということだけではなく、ほかにも勃起した状態を維持することができなかったり、勃起をしてもしっかりと固くならない状態など症状にもいろいろなケースがあります。

EDになってしまう原因にしても同様で、ストレスやうつ病、性交渉がうまくいかなかったことによるトラウマなどの精神的な要因によって症状が出る場合や糖尿病や高血圧といった生活習慣病をはじめとした病気からからくる場合もあります。

病気の治療をするために服用している薬による副作用が原因で、うまく勃起することができなくなるケースがあったり、これらのいろいろな原因が重なってしまってEDの症状が出てきてしまうこともあります。

EDは恥ずかしい病気ではない!迷わず病院で医師に相談をしましょう

普段の生活で、もしも性欲があって興奮しているのに勃起しなかったり、勃起をしても硬くならなかったり途中で柔らかくなってしまうといったことに心当たりがある場合には、病院で相談してみるとよいでしょう。

EDというとちょっと恥ずかしいという気持ちになってしまうかもしれませんが、中高年になると多くの人がなってしまう可能性がある病気です。

日本人男性では40歳以上になると5人に1人が、50歳以上になると2.5人に1人がEDの症状を感じているというデータがあるくらいです。このことからもわかる通り、実は非常に身近な病気なのです。

EDは泌尿器科で相談する

ただ、性に関する相談なので、どの科を受診したらいいのかわからないという人もいると思います。

生活習慣病などの病気からくる場合には内科で一度相談してみるとよいでしょう。薬によっても症状が出る場合があるので、医者と相談しながら薬を変えてみたりといった治療を受けることができます。

一般的には泌尿器科を受診するとしっかりと検査や診察をしてもらうことができます。病院できちんと診察をしてもらって原因を調べてもらい適切な治療を受けることができれば、症状を改善していくことができます。

また内科や泌尿器科だけでなく、専門に治療を行っている病院も全国にたくさんあるので、勃起力がなくなってきたなと感じることがあったら、早めに一度診察をしてもらうとよいのではないでしょうか。

立ちが悪くなったと感じたら注意が必要

昨日は精力が絶倫だったのに、今日はEDになったという話はまず聞かれません。肥満や脂質異常症が1日で発症することがないように、下半身の悩みも少しずつ進行していきます。

自分で確認できるポイントは硬さ・サイズがあり、立ちが悪くなってきたと感じたら注意が必要でしょう。自分で自覚できるということは、何らかの変化があるということです。まったく変化がないのなら、自覚もしないものです。なんとなく立ちが悪くなってきたと感じたら、初期のEDを疑ってみましょう。

実際に認めることは勇気がいるでしょうが、早く気づいて対策したほうがいいに決まっています。
症状が軽いうちはすぐに改善させやすいので、最初は精力剤を試してみるのもいいでしょう。すでにセックスに支障が出ているレベルなら、病院でED治療薬の処方を受けるのもありです。

EDの症状が進行する原因として多いのは、血行不良やストレスにあります。加齢や生活習慣の乱れによってリスクが大きくなるので、健康維持は徹底してください。若いころは血流もよいので発症しにくいですが、30代くらいになると早ければ発症する男性がいます。一般的に体力の低下を感じるようになったら、リスクが高いと考えてよいです。

EDと感じたら早めに医師に相談

症状が進行してくるほど、勃起力は弱くなっていきます。肝心なときに立たないことも増えてくるでしょうし、中折れしたりするようになります。

どんどんセックスの成功率が低下していくので、パートナーにも迷惑をかけることになります。ED治療をするタイミングですが、これは早いほどよいのです。

重症化させてしまう理由はシンプルで、自分で認めないことにあります。早期のうちに認めてしまえば早期対策が可能なのですが、認めないと重症化させてしまうのです。確かに自分が勃起不全だと認めるのは抵抗があるでしょうが、認めたほうが楽なのは間違いありません。

コンプレックスに関わる症状は目を背けたくなるものですが、早く対処するほど改善させやすいです。重症化すると生活改善をするにも時間がかかるので、早め早めの対処をおすすめします。

軽いうちなら生活改善をするだけで、勃起力を回復させることができるでしょう。勃起不全は常に生活習慣病だと考えておくと、対処法が見えてくるはずです。病院でED治療薬の処方を受ける対策もありますが、初期の段階なら精力剤を飲んだり生活改善をしたりすれば解消することもあります。肥満対策は特に重要となるので、体重の増えすぎには注意してください。

公開日: